カクゼツ

基本的にゲームのことばっかです

2022年4月~6月に遊んだゲームをざっくりレビュー

久々に狂いました。というか狂ってます。

点数の目安
10.0:神ゲー
9.0:かなり好き
8.0:好き
7.0~6.0:良い点も難点もあり
6.0~4.0:好きな人は好きかもね
4.0~2.0:看過できない難点あり
2.0~0.0:論外

 

星のカービィ ディスカバリー
プラットフォーム:Nintendo Switch
ジャンル:アクション
評価:8.0/10.0

ピンク玉アクション最新作。

まるで以前から3Dアクションだったかのような違和感の無さ。
ステージクリア&ミッション達成型の構成、街にどんどんワドルディを呼び戻して施設が増えていくワクワク感、充実のクリア後要素、カービィシリーズとは思えぬ挑戦的な複数の裏ボスと優れた演出。

スターアライズってなんだったんですか?
是非このスタイルで続編を出してほしい。

www.nintendo.co.jp

 

・ムーンライター 店主と勇者の冒険
プラットフォーム:NintendoSwitch
ジャンル:アクション
評価:評価なし

ダンジョン探索&ショップ経営を並行するアクション。

生きて売り物を持ち帰って自身のショップで売却して金を稼ぎ、稼いだ金で装備を整えてまたダンジョンに潜るの繰り返し。
ローグライト風味かと思いきやショップ経営で金稼いで装備強化するのが前提のバランス感。

ショップでいちいち客の顔色伺いながら値付けするのがダルくなって挫折。
決して面白くないわけではないんだけど、もう一声フックが欲しい感否めず。

store-jp.nintendo.com

 

・TUNIC
プラットフォーム:Steam
ジャンル:アクション/謎解き
評価:評価なし

小ギツネくんを動かすゼルダライク謎解きアクション。

ゲーム中に「説明書」が登場するのがユニークで、恐らくこれを使った大掛かりな謎(恐らく第四の壁系)が秘められているのが想像できる。
なので最後まで遊べば恐らく好物なんだろうが、「セーブポイント方式」と「中途半端にソウルライクなやや高い難易度」が掛け合わされたことによって「道中の雑魚を何度も何度も相手にする」という特濃のダルさが襲いかかってきて、謎への好奇心をガンガン削ぎ落とされた。バトルのアクションも別に何の爽快感も無いため、延々同じ雑魚の相手をさせられるのに耐えられず挫折。

store.steampowered.com

 

・Shotgun King: The Final Checkmate
プラットフォーム:Steam
ジャンル:パズル
評価:10.0/10.0

チェスの移動ルールに則って、相手複数、こちらはショットガンを携えた黒のキング1体で戦うローグライトパズル。

ステージが進むごとに自身の強化と敵の強化のセットを2択から選択し、自身も敵も強くなっていく。自身は毎ターン動け、基本は移動(=リロード)するかショットガンをぶっ放すかの2択。敵は駒の種類によってHPや移動ターン周期が異なり、黒のキングを取られてしまったら即ゲームオーバー。

通常モードのTHRONEモードはEASY、NORMAL、HARD、VERYHARD、KINGの5段階難易度。VERYHARDの時点でかなりの手応え。
スピードラン用のゲーム内タイマー完備で走者への配慮に余念がない。
また運の要素は強いが特別な条件を満たした場合のみ出てくるボスや、それを倒したことの記録もされる充実仕様。

ショットガンの射角や性能をどのように強化するか、どんどん増えて強化されていく白の駒群をいかに捌くか。ショットガン発射という乱数と、チェスのロジカルな面白さが奇跡の融合を果たした傑作パズル。
今後アップデートで更に要素やモードが追加されることに期待。

store.steampowered.com

 

Outer Wilds
プラットフォーム:Steam
ジャンル:SFアクションアドベンチャー
評価:10.0/10.0

以前操作体系が合わずに挫折した探索アドベンチャーに再挑戦。

ものすごい勢いで沼に転がり落ちて沈みました。
執筆時点では、本編をクリアして、未回収要素を探索中。

やや厄介な操作体系、(それすらも魅力と言いたくなってしまうものの)不便・不親切であることは決して否定できない導入の流れ、一部ゲームとしてどうかと思う要素もありながら、それらの減点を全て打ち消す加点により満点です。

「何も知らないままやってお前の感想を聞かせてほしい」という感情になることや「情報を受け取る順序によっては、異なる視点で異なる体験をしている可能性がある」のが気になるのは十三機兵防衛圏などと同じですが、決定的な違いは、Outer Wildsは高すぎる自由度により「視点と体験の異なる度合い」が従来のアドベンチャーゲームとは比較にならない程にブッ飛んでいること。それゆえに、他者の体験がもはや「ひとつのコンテンツ」として成立すると言っていいレベル。

そして「宇宙×SF」というジャンルに個人的に求めるものが、全て詰まっていた。本編の時点で。

これ以上言えることは、残念ながら何もない。
DLCを遊ぶのも楽しみすぎる。

store.steampowered.com

Outer Wilds ナオプーナの航行記録 (ネタバレあり DLC無し クリアまで)

2年前に一度遊んでみたものの、操作性の悪さから挫折して積まれていたOuter Wildsに改めて向き合いました。 以前はコントローラで遊ぼうとしたけど今回はキーボード&マウスだったのが良かったのか、2年間の間に操作性が改善されたのかはわかりませんが、「え?全然普通に遊べるじゃん、やるぞ」となり、途中から「これは絶対に貴重な体験になるので航行記録を残そう」と思い立ち、ふせったーに投稿したものを一部修正して掲載します。

当然のことながら完全にネタバレの嵐であり、一応エンディングを見終えた身としては「絶対に何も知らないまま遊んでくれ」と言いたくなるゲームだったため、未プレーの方の閲覧は推奨しません!!!!!!

続きを読む

2022年1月~3月に遊んだゲームをざっくりレビュー

年々遊ぶ本数が少なくなっていきますが今年も書きます。

点数の目安
10.0:神ゲー
9.0:かなり好き
8.0:好き
7.0~6.0:良い点も難点もあり
6.0~4.0:好きな人は好きかもね
4.0~2.0:看過できない難点あり
2.0~0.0:論外

 

・Eldest Souls
プラットフォーム:Nintendo Switch
ジャンル:アクション
評価:8.5/10.0

わかる人はタイトルから容易に想像できる通り、ダークソウルフォロワーの見下ろし2D高難易度アクション。フィールドや探索要素はほとんど無くひたすらボス戦を繰り返すタイプ。
高難易度アクション、正直なところ「ちゃんと避けながらちびちび攻撃し続けて頑張りなさい」のデザインは延々と遊び続けてきてとうに飽きが来ているのだが、これは回避よりも攻撃でより大きいアドバンテージを獲得できる作りになっているのが面白かった。
もちろん敵の攻撃を避けなければ1~2発で死ぬ。だが攻撃を当てるのが回復やスキル発動に繋がるので、グダグダとヒットアンドアウェイをするのが正解ではないあくまでも攻撃が主体の戦いを楽しめる。意識を回避よりも攻撃に傾けたいバーサーカー気質なら遊んでみる価値あり。

store-jp.nintendo.com


 

・Understand
プラットフォーム:Steam
ジャンル:パズル
評価:9.0/10.0

グリッドに配置された記号を一筆書きの線で区切ったりなぞったり囲んだりして、ステージごとに隠された法則を全て満たすようにする推理パズル。
まだ半分程度しか解けていないがこれは面白い!
1ステージが数個のパズルで構成されていて、線を引いたら法則ごとのランプが点灯消灯し各法則を満たしたかどうかだけ教えてもらえる。当然法則の内容自体は教えてもらえず自分で推理するしかない。
「解けた!!(わからん」が平気で起こるのでUnderstandとは何なのかとなることもあるが、理不尽な条件は今の所全く無い。
Baba is Youのような見た目の面白さには欠けるものの、そこにパズルがあれば無限に唸っていられるアブストラクトパズル好きは贅沢な時間を過ごせること間違いなし。

store.steampowered.com


 

・theHunter: Call of the Wild
プラットフォーム:Steam
ジャンル:ハンティングシミュレーター
評価:7.0/10.0

野生動物相手にリアリティ感じる狩猟を楽しめるシミュレーター。
一応ストーリーもあるが、メインはあくまで自然の中を駆け回ったり身を潜めての野生動物との頭脳戦および一瞬一撃に全てを賭ける狩猟体験のように思える。
しかし「とりあえずなんか1匹狩ってこいや」と始まるチュートリアルの時点でなかなかの放任ぶりなので、でっかい箱庭与えられたら色々と試してみたくなる好奇心の持ち主以外は立入禁止。
動物に迂闊に物音を立てながら近づこうとすれば即逃げられるのは当然、姿が見えずとも風向きや鳴き声に常に警戒しなければこちらの臭いや気配を察知され逃げられてしまい、そもそも動物の姿を拝むことすらままならないのはまさにシミュレーター。流石に物音のバロメーターや鳴き声する方向やそれがどのような意味なのかは教えてもらえるなどギリギリ救いはある。
難易度低めの動物一匹狩るのにも慣れるまでは時間がかかるが、ある程度理解した上でクマやピューマなど難易度の高い動物に挑み狙い通り仕留めた時の達成感はひとしお。
容量がPCにあまり優しくなかったり、DLCの乗り物を買わないと移動にも「リアル過ぎる時間」がかかるなど注意点はいくつかあるが、他に類を見ない体験ができることは保障する。

store.steampowered.com


 

・7 Days to End with You
プラットフォーム:Steam
ジャンル:パズル&ノベル
評価:6.0/10.0

未知の言語を話す女性との会話から単語の意味を推理しつつ物語を読み進めるクリックアドベンチャー
ゲームの性質上多くは語らず、以下ツイートの通り。
ふせったーのリンク先の感想にはパズル要素の核心に迫るネタバレあり。

 

store.steampowered.com


 

There Is No Game: Wrong Dimension
プラットフォーム:Nintendo Switch
ジャンル:パズル
評価:8.0/10.0

メタをとことんネタにしまくった第四の壁崩壊パズル。
ゲーム開始した瞬間に「ここにお前の求めるゲームは無いから今すぐやめろ!」とか言われる。
UndertaleやOneShotのような「自分がそのゲームに干渉しているゆえと感じられる物語性や感動」は無いが、パズルゲームとしては良質だし、ひたすら「ゲーム」を風刺し続けユーモアある作風は一見の価値あり。製作者のFree to Play形式に対するヘイトが伝わってくる。

store-jp.nintendo.com

 

ウマ娘プリティーダービー
プラットフォーム:iOS
ジャンル:育成/レース
評価:6.0/10.0

競馬の史実をベースとしてSF的フィクション要素も内包した良質スポ魂系ストーリーがたくさん読める育成&自動レースゲーム。
一部ストーリーと楽曲(キャラソンなど含む)が素晴らしい仕上がり。
以前はあらゆる意味でただの運ゲーだったが、最近実装された新しい育成シナリオでようやく「ゲーム」になったと思うのでここに書くことにした。それでも運要素の占める割合は極めて高く、どれだけPS(と言うよりはゲーム仕様に対する知識)を磨いたところで、最後は金を積んでスタートラインに立った状態で神頼みをする内容であることに変わりはない。
個人的には新シナリオのゲーム性にそこそこ満足しているものの、一般的には「時間がかかり過ぎる」と不評の声もあるので運営が主なターゲット層を読み違えている可能性があったり、その時間がかかる育成を数日間で何十回もやらせてくるような雑なキャンペーンを打ってきたり、ユーザーがイベントに向けて育成を進めている中で環境を変えるようなカードを突然後出ししてきたり、企画者や承認者に対して「何考えてんの?」と言わざるを得ないような出来事がわずか3ヶ月の間ですら多数あり、何かと運営への不信感が募るのは否めない。
対人要素における様々な達成を追求しようとすると途端にありえないほど時間と金を要求されるため、全てを捧げる覚悟が無い限りは用法用量を守り割り切って遊びましょう。

各キャラの育成ストーリーの読み物的クオリティをTier付けしながら感想を投下し続けています。

ウマ娘 プリティーダービー

ウマ娘 プリティーダービー

  • Cygames, Inc.
  • ゲーム
  • 無料

apps.apple.com

2021年10月~12月に遊んだゲームをざっくりレビュー

やる気減退中!!面白いゲーム…クレ…。

点数の目安
10.0:神ゲー
9.0:かなり好き
8.0:好き
7.0~6.0:良い点も難点もあり
6.0~4.0:好きな人は好きかもね
4.0~2.0:看過できない難点あり
2.0~0.0:論外

 

・笑顔の錬金術
プラットフォーム:iOS
ジャンル:育成・合成・放置シミュ
評価:7.0/10.0

気まぐれで遊んでみたが思った以上にちゃんとしてて面白かった。ゆるふわな雰囲気と見せかけてストーリーも意外とメッセージ性あるしキャラもただの舞台装置にならず生きてる感がある。あと画期的だな〜と思ったのは、App内広告も作中で自然なものとして取り入れていること。アイテムソートがあと少し便利ならもっとよかった。

blog.asobox.co.jp

 

メトロイドドレッド
プラットフォーム:NintendoSwitch
ジャンル:アクション
評価:9.5/10.0

十数年ぶりに満を持してリリースされた2Dメトロイド最新作。
サムスリターンズで確立したスタイルを更に突き詰め、2Dメトロイドの世界観や面白さがとことん磨き上げられた逸品。
アクションの難易度はやや高めだがリトライのストレスは一切なし。2Dと3Dがシームレスに移行する演出とQTEでサムスがスタイリッシュに戦う様は一見の価値あり。
メトロイドを遊び慣れた人にとっては初心者向けの誘導が露骨で一本道に感じる点や、ボリュームは控えめな点など微妙な所もあるのは否めない。しかし開発者想定済みのシーケンスブレイクが仕込まれているなどファンの期待にもしっかり応えている納得の出来栄え。決してプレー人口を拡大するためにシリーズの根幹をブレさせるような妥協をしているわけではないのが伝わってくる。
www.nintendo.co.jp


・ElecHead
プラットフォーム:Steam
ジャンル:アクション
評価:10.0/10.0

古き良き横スクアクションでありながら、最先端の「芸術」です。
先のメトロイドでボリュームが少ないことを微妙に感じた一方で、そもそもボリューム多ければ良いというものではないと、このゲームにはとんでもないパワーで殴りつけられた。人によっては2~3時間もあればコンプリート可能なので時間を惜しまずやったほうがいい。歴史に刻まれるべき作品。

store.steampowered.com


・Inscryption
プラットフォーム:Steam
ジャンル:カード&脱出?
評価:4.5/10.0

俺にはまるで刺さらなかったのだけど、絶賛してる人も結構いるし、刺さる人にとっては尊重すべきゲーム体験になるかもしれないので詳細は伏せておく。
以下のふせったーに書いたことが全て。ネタバレ気にしない人だけどうぞ。

store.steampowered.com


・Baba Is You -BABA MAKE LEVEL-
プラットフォーム:NintendoSwitch
ジャンル:パズル
評価:10.0/10.0

2019年の神ゲーパズルがステージ作成・共有の神機能ひっさげてオマケに新問約200個つきで無料アップデート。慈善事業ですか?
新問の一部がクリア不可能なバグがあったが、アップデートで修正されてきている様子。

store-jp.nintendo.com

 

・LoopHero
プラットフォーム:NintendoSwitch
ジャンル:ストラテジーRPG
評価:7.0/10.0

同じ道をぐるぐる周り、マップのオブジェクトを増やしたり装備を強化し、周回ごとに強くなる敵と待ち受けるボスを倒すストラテジー
コンセプトは面白いとは思うのだけど、新しいオブジェクトの解禁のために必要な素材が多すぎて、同じようなデッキで代わり映えしないゲーム展開での複数回プレーを余儀なくされるのが微妙でそこまで刺さらず。

store-jp.nintendo.com

 

・ショベルナイトポケットダンジョン
プラットフォーム:NintendoSwitch
ジャンル:パズルアクション
評価:9.0/10.0

ショベルナイトのスピンオフ落ち物パズルアクション。落ちてくる敵を複数つなげた状態で倒すと連鎖となりゲージが増える。間をあけずに倒したりブロックを掘ったりすることで報酬のジェムも増える。リアルタイムの落ち物要素に加え、自分が動くと敵も落ちるターン要素とのハイブリッドなつくりで、良いプレーをするためには瞬発力が求められるタイプ。とはいえネクロダンサーのようなリズムアクションよりはかなり緩い。
要はある程度の様子見もできるターン制なので、普通にクリアする分にはかなり簡単。しかし真エンディングを見ようとすると道中で様々な条件を満たさなければいけないので一気に難易度が跳ね上がる。
パズルアクション好きならとりあえず遊んでみて損はなし!

store-jp.nintendo.com

 

・レッツプレイ!オインクゲームズ
プラットフォーム:NintendoSwitch
ジャンル:ボードゲーム
評価:9.0/10.0

オインクゲームズ謹製のボードゲームが4つもオンラインで遊べちまう代物。
クラウドファンディング時は海底探検とスタータップスの2つしか予定されておらず、正直これらにお金出すのもな…と思っていたのだけど、「エセ芸術家ニューヨークへ行く」が収録されたことで一気に話が変わった。
オリジナルのボードゲームではペンとミニホワイトボードを使って遊ぶことになるのだが、これがデジタルによって省力化され、誰がお題を知るのか知らないのかの管理も全てシステムが処理してくれるのはあまりにも大きい。これ1つだけで価格相応の価値があるとまで思う。
また他の3つのゲームも同様だが、「オフラインで人とボードゲームを遊んでいる感覚」の表現を追求し洗練されたUI/UXには眼を見張るものがある。
今後DLCなどでゲームを増やしてくれることに期待。流石に権利の都合上実現困難かもしれないが、タイガー&ドラゴンが遊べるようになったら無限に遊び続けてしまうと思う。

store-jp.nintendo.com

 

・OMORI
プラットフォーム:Steam
ジャンル:RPG
評価:6.0/10.0

ゆめにっきとMOTHERのキメラ感溢れるRPG
面白くないわけじゃないんだけど個人的には微妙過ぎた。
これもまた好きな人は好きだろうから、細かいことを語ってネタバレに繋がるのも憚られるので、このツイートを持って感想に替えさせていただきます。

store.steampowered.com